« サカつく7攻略日記1(序盤の方針編) | トップページ | 名古屋にいるので分かる落合退任騒動 »

2011/09/25

せっかく行ったのに完敗(仙台戦)

名古屋から横浜へ向かう車中、富士山に雪がうっすら積もっていてもうそんな季節かと思っていたらニュースになっていた今日この頃、

思いがけず早々に点とったせいか、全体的にもっさり感ありあり。個々ではがんばってると思うんだけど、全体的に動きが緩慢。完全に走り負け。気合負け。
・勇蔵のSBはクロスを上げない、上げられない点で失敗かと。一応上がってはいるけど、もっさり上がってるから、なんだかなあと思ってしまった。
・勇蔵が上がったあと全速で戻らないから、金井が左を埋めていつもと変わらないフォーメーション。
・最後に勇蔵と青山をSBにまわして金井をCBとボランチ兼務させるって、なにそれって感じ。
・五輪代表と同じくパサーがいないので一本調子。狩野が状況を考えたいいプレーをしてたので、とっとと覚醒して欲しい。
・相変わらず大黒の動きは秀逸だけど、ボールがこない。
・狩野を入れるんだったら、アーリアのところに入れて欲しかった。
・次のナビスコはせっかく実験台にできるゲームなのだから、森谷か狩野をボランチで試すor武田かアマノッチを左SBで試すのどちらかをすべきだろう。とりあえずボンバーは1回休みで。

・救いは他が軒並み負けたこと。

|

« サカつく7攻略日記1(序盤の方針編) | トップページ | 名古屋にいるので分かる落合退任騒動 »

コメント

・救いは他が軒並み負けたこと。

ほんとですね。救われました!

投稿: 死ぬまでFマリノス | 2011/09/26 02:46

往々にして優勝争いなんてこんなものなのかもしれませんね。

投稿: えるちろ=ふあいや | 2011/09/27 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41175/52832323

この記事へのトラックバック一覧です: せっかく行ったのに完敗(仙台戦):

« サカつく7攻略日記1(序盤の方針編) | トップページ | 名古屋にいるので分かる落合退任騒動 »