« 歴史ポケットスポーツ新聞 サッカー | トップページ | 狩野について »

2007/11/05

金沢旅行記 湯涌温泉総湯「白鷺の湯」

Sany6526小沢一郎と民主党のドタバタぶりは、違うはずなんだけどグランパスとストイコビッチのバタバタぶりに似ているのではないのかと思ってしまった今日この頃、

小出しで出す予定の金沢旅行記ですが、まずは湯涌温泉です。
金沢市の(そんなに山奥ではないけど)山あいのほうに古くからある温泉です(と言っても養老2年(西暦718年)ってすごいなあ)。車だったら土清水(または遊学館の野球グラウンド)から先はほとんど信号がない気持ちいいドライブコースだったりもするわけなのですが、バスだと遠いので行く気がないくらいの場所です。
で、今回行ったのは(宿泊目的で旅館に行ったのではなく)いわゆる総湯である「白鷺の湯」へ行ってきました。ここに言った理由は単純に、

朝湯に入りたかった!

からです(朝の7時からやってる)。金沢市内には温泉はいくつもありますけど(後日紹介)、朝からやっているところは少ないですから。
で、300円(安い!)払って中へ入ります。お湯はこの辺では珍しいかもしれない無色透明、かけ流しのためか飲用スペースがありました(さすが総湯!)。露天はありませんし、ガラス張りの内湯からは崖しか見えませんが、お湯のよさだけで満足です。
ちなみに休憩スペースがあるので、風呂上りにごろごろすることも可能です。
惜しむらくは駐車スペースが少ない(路上駐車のような感じで停める)ことですか。

金沢で時間に余裕があるようでしたらお勧めします。

おまけ 温泉場にはにゃらんじゃないけど猫が似合います。

Sany6525


|

« 歴史ポケットスポーツ新聞 サッカー | トップページ | 狩野について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金沢旅行記 湯涌温泉総湯「白鷺の湯」:

« 歴史ポケットスポーツ新聞 サッカー | トップページ | 狩野について »